BLOG

  • JOB

申し訳ございません *・゜゚・*:.。..。*:.。. .。.:*・゜゚・*  

国語辞典によると
『言い訳のしようがない。弁解の余地がない。
相手にわびるときに言う語』
とある。

先日
同業の友人とクレーム対応について
談義。

なぜ、
「大変、申し訳ございません!」
と間髪入れず、言えないのだろうか。
と。

先ほど利用した飲食店で。
久々に注意をしてしまった。

・禁煙喫煙の確認がなかった
*数日、咳がとまらない

・おしぼりはないとあっさり言われた
*数回利用したことがあるため

・注文の品を間違った
キャッシャーに行った際に
対応した彼女に小さな声で伝えた。
さて。
彼女は何と反応したでしょうか…

答えは…

「はい…」
である。
残念でならない。
何故、すかさず
「大変に申し訳ございませんでした!」
と言えないのだろうか。
何故、そのように教育できないのだろうか。

教育とは。
「やり方」を教えるのではない。
「あり方」や「なり方」を教えるのだ。

そうすれば、自然に
申し訳ございません!は
発するのである。

かえってくる反応により
更に不愉快にするのだ。

全ては必要必然。

私は
ハッとした。
私のクライアント様はまさか
同じようなレベルで対応はしていないだろうか
・・・

今から大切なクライアント研修。
まずは、この話からお伝えしよう。

みなさま。
午後からもスーパーハッピー♡

渡辺ゆきよ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP